プロフィール
社会保険労務士金子事務所
社会保険労務士金子事務所
東京都昭島市に事務所を開設する社会保険労務士が綴るブログです。ためになる情報からためにならない情報まで幅広くご紹介します。
住所:東京都昭島市玉川町1-3-1-719
電話:042-546-2765
E-mail:info@srkaneko.com
HP:http://www.srkaneko.com

営業地域は、以下の通りです。
東京都多摩地区(昭島市、立川市、八王子市、国立市、福生市、小平市、小金井市、府中市、調布市、羽村市、国分寺市、日野市、武蔵村山市、東大和市、東村山市、武蔵野市、三鷹市、多摩市、西東京市、あきる野市、青梅市、西東京市、西多摩郡など)を中心に活動していますが、杉並区、中野区などの東京23区内、神奈川県全域、埼玉県全域、山梨県上野原市、大月市、西桂市、都留市、甲州市、笛吹市、山梨市、甲府市、甲斐市、中央市、昭和町 です。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2009年03月19日

社労士を活用しましょう

知り合いの紹介で、ある会社にお伺いしました。
残業代の支払いが大変なのでなんとかならないか、というもので、労働条件をチェックすると1日の所定労働時間が7時間30分となっています。
法律では、一日8時間、週40時間まで残業代を払わなくていいことになっているので、なぜ、このような所定労働時間の設定になっているのか伺うと、社長さんは、ある超有名企業の出身で、その企業の労働条件を自社の労働条件としていることが分かりました。

体力が無い零細企業が、体力のある有名企業と同じような労働条件を設定することは、かなり厳しいと思いますし、今回のような相談があって当然だと思います。

会社の体質強化のために、法律のラインまで労働条件を下げることをお勧めしました。しかし、従業員にとって労働条件を悪くすることは「不利益変更」と言って、通常の労働条件の変更とは異なるプロセスを要求されます。
この辺のアドバイスもさせていただきました。

しかし、この会社も創業当初から社労士に相談していれば大きな問題にならなかったと思います。
もっと、社労士を活用していただきたいと思います。


*******************
社会保険労務士金子事務所
社会保険労務士 金子 稔
〒196-0034
東京都昭島市玉川町1-3-1-719
TEL042-546-2765/FAX042-546-0131
E-mail:info@srkaneko.com
http://www.srkaneko.com  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 07:34Comments(0)その他