プロフィール
社会保険労務士金子事務所
社会保険労務士金子事務所
東京都昭島市に事務所を開設する社会保険労務士が綴るブログです。ためになる情報からためにならない情報まで幅広くご紹介します。
住所:東京都昭島市玉川町1-3-1-719
電話:042-546-2765
E-mail:info@srkaneko.com
HP:http://www.srkaneko.com

営業地域は、以下の通りです。
東京都多摩地区(昭島市、立川市、八王子市、国立市、福生市、小平市、小金井市、府中市、調布市、羽村市、国分寺市、日野市、武蔵村山市、東大和市、東村山市、武蔵野市、三鷹市、多摩市、西東京市、あきる野市、青梅市、西東京市、西多摩郡など)を中心に活動していますが、杉並区、中野区などの東京23区内、神奈川県全域、埼玉県全域、山梨県上野原市、大月市、西桂市、都留市、甲州市、笛吹市、山梨市、甲府市、甲斐市、中央市、昭和町 です。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2007年10月27日

【雑談】参加したかったイベント

今日は、事務所にいますが、雨音がずっと聞こえます。この土日は、元々事務所で書類作成日にしていたので、台風の影響はなさそうです。今日は、社会保険の新規適用の手続きから就業規則の作成、入社退社に伴う手続き書類を作成します。おそらく、土日では終わらないので、まだまだ続くと思います。

今日は、書類作成として事務所にいる予定でしたから、あるイベントに参加しようと思っていました。


それは、橋の開通式典です。

道路の開通式典とかテレビで見ることはありますが、実際に見たことがないので、開通前の徒歩による横断に参加しようと思っていました(笑)。事務所から自転車で15分くらいの距離にある橋ですし、この雨ですから、式典見学は断念しました。

そんなことより仕事に専念しないといけませんよね(笑)。  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 12:58Comments(0)その他

2007年10月20日

一人法人に社会保険は不要か?

今日はいい天気ですが、事務所で仕事をしています。立川周辺は、開発が進み土日は、ものすごい混雑となっていますので、用事がない限りは事務所にいようと思っています。

現在、前回のブログでお知らせしたセミナーの資料を作成していました。その中で、一人法人に社会保険は不要か?というテーマでお話をする部分があり、保険料のシミュレーションをしていますが、国民健康保険、国民年金の組み合わせと健康保険、厚生年金の組み合わせで世帯ごとの保険料を算定してみると、大きな差は出ませんでした。
国民健康保険、国民年金の組み合わせと健康保険、厚生年金の組み合わせを給付で考えると、健康保険、厚生年金の組み合わせの方がかなり手厚い給付となっています。国民健康保険、国民年金の給付が劣っている部分を私的な保険で補うのなら、社会保険の加入も十分視野に入ると思います。
社会保険は、全額所得控除になって節税効果も高いですから、一人法人だから社会保険はいらない、と決め付けずにシミュレーションを行って給付と負担のバランス確認を行ってみてください。

詳細は、セミナーでお話いたします。詳しいことはプロフィールのページからセミナーの内容をチェックしてみてください。  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 09:00Comments(0)会社を作ろう!

2007年10月17日

起業の落とし穴にはまらないためのセミナー

この度、ドリームゲートアドバイザーの関川司法書士さん、野田税理士さんと共同で起業家向けのセミナーを開催いたします。
このセミナーを企画したきっかけですが・・・。
先日、みんなで食事をしているとき、相談の時期が遅かったために助成金が受けられないという話や、届出書一枚出さなかったために税金で損した話をしていました。そこで、そんな思いをする方が出ないように、我々が接した失敗談を主体にセミナーを行うことにしました。
現在、作成中の資料には、レアケースですが、基本的なことを知らなかったために刑事事件になってしまったという話も盛り込んでいます。その他、色々な落とし穴を回避する方法をお話できたらと思っています。
他の方たちも気合を入れて資料を作成していますので、お楽しみに!

↓申し込みは下記URLからお願いいたします。
http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/srkaneko/seminars/20071013001

実は、昨日情報をサイトアップしたのですが、もうお申し込みをいただいています。ご質問などありましたら、このセミナーについてお気軽にご連絡ください。  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 00:39Comments(0)セミナー・勉強会・イベント

2007年10月12日

助成金の説明会にて

今日は、仕事を早上がりして、晩酌しながらボクシングの内藤選手対亀田選手の試合を見ていました。試合内容は一方的な内容で、経験不足が出てしまった印象があります。ランキングはチャンピオンと14位ですから、大差でも仕方がない試合でした。

さて、
初めて問い合わせがあった助成金の説明会に参加してきました。
説明会最後の質問時間で、
「社労士に頼んだ方がいいでしょうか?」
という質問がありました。

審査機関の方は、
「社労士に依頼しなくても、相談にくれば指導しますよ」
「十分できますよ」
という回答でしたが、時間を掛ければ書類の作成が可能であることは間違いないですが、そこまで時間を掛ける必要があるでしょうか?

この助成金は、創業時に申請する助成金ですから、一度しか申請する機会が無い助成金ですから、そこまで時間を掛けて申請する必要があるのかは、かなり疑問です。社労士に、いくらか報酬を支払えば、設立業務に専念しつつ、助成金が受給できるので、そちらの方がいいと思いますが、いかがでしょうか?

実は、私も悩んでいますが、経営者になれば、「時間を買う」という感覚が必要になると思います。手間の掛かる仕事をアウトソーシングして、一番お金になる業務に専念する必要があると思います。
手間が掛かる業務をアウトソーシングする、という感性を持っている方は割りと早く経営が軌道に乗っている印象があります。
あなたは、どうしますか?  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 00:08Comments(0)会社を作ろう!

2007年10月07日

助成金の相談はお早めに!

社会保険労務士の業務の中に、厚生労働省管轄の助成金の申請代行というものがあります。高年齢者雇用促進や若年者雇用促進などの国の雇用政策が決まると、その政策を実現するために、国の方針に従った雇用を行った事業主に対して、助成金という「ごほうび」が支給されます。社会保険労務士は、この助成金の申請代行を行っています。
この助成金は、返済不要のお金ですから、欲しい方がたくさんいますが、国の方針に合致する雇用方針を立てる会社はなかなか無く、
「何で、これに助成金が出ないんだ!」
と文句を言われたこともあります。
助成金が支給される理由をお話するときちんと理解されますが、何でも助成金が出ると信じている社長さんは、まだ多いようです。

助成金を受給するために、もう一つ大事なことがあります。それは、「期限をきちんと守ること」ということがあります。「雇い入れたから、助成金の申請をしてくれ」という依頼が多いのですが、助成金の中には、事前に計画書を提出して、計画の認定を受けないと支給されないものが多いのです。このような基礎知識が無いと助成金を受給することはできません。

先日、お伺いした会社では、社長さんとご家族で法人登記などを済まされて、事業開始直前に雇い入れの相談がありました。どこかで話を聞いたらしく助成金の申請をして欲しいということですが、計画書も提出しないで雇い入れを行ったため、現時点では助成金が受給できない状態でした。事前に相談をいただければ、受給できる可能性が大きくなるアドバイスができたのですが・・・。

私のような士業は報酬が高いと思われているようで、本当に分からないときに声を掛けられます。しかし、それでは手遅れとなっている場合がありますから、早めにご相談をください。開業計画の段階で、スポットのアドバイスを行うだけで大きく違うと思います。  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 23:47Comments(1)会社を作ろう!

2007年10月01日

最高責任者としての自覚を持って!

すっかりさぼっていましたが、久々のブログ更新です。なんとか週1回のペースにもどしたいと思います。

さて、起業したばかりの会社で、従業員さんも増え、経営も起動に乗ってきているところがあります。先日、社長さんとお約束したことができていないので、確認の電話をすると、
「担当者で無ければ分からない」
という返事の一点張りでした。
逃げ口上だったのかな?と思ってしまいましたが、取引先にも、こんな回答をしているとしたら取引先はどう思うでしょうか?
上場企業出身者で部下がいた方が起業すると、この傾向が強いようです。

私のお客さんには、創業30年くらいで従業員数が同規模の会社があって、そこの社長さんは、絶対に「担当者が・・・」なんてことはいいません。きちんと会社の中にことを把握されていて、質問しても即答が返ってきますし、会社の「フロントマン」としての立場をきちんと理解されています。

仮に、それぞれの企業の最高責任者と会議で打ち合わせしていても、
「担当者がいなければ分からない」
と答えて、意思決定ができなければ、何のための会議か分かりません。
自分で起業したときは、自分が会社のCEOとなるわけですから、意思決定を行うこと、そして、約束を守ることは、会社の評価を上げることとしては重要だと思います。

妙な(?)、逃げ口上を聞いてから、
「この会社は大丈夫かな?」
と、密かに心配しています。  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 23:49Comments(0)会社を作ろう!