プロフィール
社会保険労務士金子事務所
社会保険労務士金子事務所
東京都昭島市に事務所を開設する社会保険労務士が綴るブログです。ためになる情報からためにならない情報まで幅広くご紹介します。
住所:東京都昭島市玉川町1-3-1-719
電話:042-546-2765
E-mail:info@srkaneko.com
HP:http://www.srkaneko.com

営業地域は、以下の通りです。
東京都多摩地区(昭島市、立川市、八王子市、国立市、福生市、小平市、小金井市、府中市、調布市、羽村市、国分寺市、日野市、武蔵村山市、東大和市、東村山市、武蔵野市、三鷹市、多摩市、西東京市、あきる野市、青梅市、西東京市、西多摩郡など)を中心に活動していますが、杉並区、中野区などの東京23区内、神奈川県全域、埼玉県全域、山梨県上野原市、大月市、西桂市、都留市、甲州市、笛吹市、山梨市、甲府市、甲斐市、中央市、昭和町 です。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2011年08月12日

雇用保険はすごいんです

先日、あるお客様の会社へ訪問したとき、育児休業から復帰した社員さんの話になりました。育児休業期間中は、弊所で育児休業給付の手続きを行っていましたので、決定の通知書などを社長さんにお渡ししていました。ある日、社長さんが思うところがあって、これまで支払っていた保険料の総額と給付を受けた金額の合計を算出したそうです。

「これしか払っていないのに、こんなに出るんだ」
と驚いたそうです。

「国民の生活の確保」
という大きな課題を達成するための雇用保険ですから、給付はかなり出ます。

会社に万が一のときにも従業員さんに給付はしっかり出ますので、退職金の導入などを検討する前に雇用保険の加入を検討してください。

「国はあてにならない」
といわれる社長さんもいらっしゃいますが、そんなことはありません。


  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 09:58Comments(0)現場生レポート

2011年08月05日

セミナーのレビューを見つけました

インターネットで検索していると私のセミナーのレビューを見つけました。

「わかりやすかった」
ということでセミナーの内容も一部記載されていました。これは理解度が高かった証拠ですから、講師としては大変うれしいです。

レビューを書いている方は女性のようで、この日の女性参加者は2名でしたので、どちらの方のレビューかすごく気になります。

インターネットにレビューを書いていただけるのはうれしいですが、私に直接メールをいただけるともっと嬉しいです。

現在もセミナー参加者募集中ですから、お気軽にご参加ください。

  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 08:59Comments(0)現場生レポート

2011年07月23日

最低賃金は守りましょう

労働新聞の記事からです。

最賃違反 800円未満が4割も――青梅労基署
東京・青梅労働基準監督署(古屋希子署長)は、最低賃金法違反事業場の分析結果をまとめた。800円未満の時間額で支払っていた事業場が4割弱に達している。とくに750円未満の事業場では、時間額に換算せず日給・月給で支払っているケースが大半だった。最賃引上げへの対応を軽視し、後回しにしている事業場が多く、今後特定の業種を対象に監督指導を強化する考えだ。


先日、ある人気のある飲食店に行くとアルバイト募集の案内が貼ってあり、堂々と最低賃金以下の時給を提示していました。若い経営者で、「最低賃金」というものを知らないかもしれませんが、「企業の質」を見られるところですから、きちんとしないといけませんよ。


  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 08:29Comments(0)現場生レポート

2011年06月29日

社長の仕事

私のお客様でゴルフによく行く方がいますが、会社へお伺いすると「今日もゴルフなんですよ」と、事務員さんが少々不満顔の時がありました。しかし、先日、ゴルフ仲間の社長さん経由で取引先のリストラ情報を入手したそうで、正式発表前にかなりの対策が取れ、売り上げの減少をかなり抑えることができたと仰っていました。

社長さんの仕事は、椅子に座ってハンコを押すことではありませんし、従業員と一緒に汗を流すことでもありません。やはり、このような経営リスクを抑えたり、事業を拡大したりして、会社を経営していくことが仕事ですから、勘違いしてはいけないと思います。

このお客様もしばらくは大手を振ってゴルフへ行けると思いますface02



  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 10:15Comments(0)現場生レポート

2011年05月29日

残業代の払い方

ある会社の労働契約書を見せていただきました。

そこには「基本給○円(残業代を含む)」と書いてありましたが、この記述には問題があります。残業代がいくら支払われているか不明ですし、その時間単価がいくらか算出するすべもありません。残業代のまとめ払いは違法ではありませんが、いくら残業代が支払われているか明確にする必要があります。

判例を検索すると
割増賃金相当部分をそれ以外の賃金部分から明確に区別することができ、割増賃金相当部分と通常時間に対応する賃金によって計算した割増賃金とを比較対照できるような定め方がなされていなければなりません。そして、実際の残業時間に対する割増賃金が、あらかじめ割増賃金分として区分した額(見込み時間)を超えた場合には、その超えた時間に相当する割増賃金を、その都度(月ごとに清算し)支給する必要があります(国際情報産業事件 東京地判平3.8.27ほか)。
と記述されています。

詳しくは下記リンク先をご覧ください。
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/chingin/chingin06.html

「計算が面倒くさい」と言って、このような払い方をしている会社は多いと思いますので注意してください。


  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 07:07Comments(0)現場生レポート

2011年05月20日

近距離通勤者手当

東京都昭島市の社会保険労務士金子事務所です。

お客様からご相談のメールがありました。遠距離通勤て会社に来たとき、疲れた顔をしている従業員がいるので、近距離通勤を奨励し、元気に業務を行ってほしいということで、「近距離通勤者手当」を導入することになりました。通勤○分以内のエリアに居住するものに対して家賃補助として、この手当を支払うというものです。

手当は、他の会社のマネをするのではなく、会社がうまく活用して組織の活性化につなげてほしいと思っていますが、これは上手い活用方法だと思いました。


  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 11:05Comments(0)現場生レポート

2011年03月15日

ほっとしました

現在、弊所では、障害者手帳1級の方の障害年金を請求しています。先日、書類をレターパックで送付したところ、いつまでも不在持ち帰りになっているので、携帯電話に電話しても繋がらないので、一人暮らしでヘルパーさんに頼んでいないということですし、先日、地震もありましたので、心配していました。

本日、再度、電話をしてみると、電話に出ましたので、お話しすると
「現在、実家にいます」
ということで、地方のご実家に帰られていたようです。ほっとしました。
ただ、しばらくご実家にいらっしゃるようですから、レターパックは戻ってきてしまいそうですface07

無事で何よりでした。


  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 19:57Comments(0)現場生レポート

2011年02月28日

みんなで組んで

立川の居酒屋へ行くとカウンターにおもしろいカードがあったので紹介します。

立川駅周辺の居酒屋12店舗が集まってスタンプカードを作成し、その店舗を回りながらスタンプを集め、その集まり具合によってサービスが受けられるというものです。現在のイベントは3月4日で終了してしまいますが、「HOT BOWL」ということで、各店舗自慢のスープ系のメニューを食べれば、スタンプがもらえるそうです。面白い企画だと思いました。

現在は、各地域ごとにインターネットによる情報発信サイトがありますから、プレスリリースなどをした方が良かったと思います。1店舗だけではインパクトは弱いですが、こうやって集まるとインパクトは強いと思います。
ただ、約20日間で12店舗巡るのはハードですね。face02

  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 12:59Comments(0)現場生レポート

2011年02月20日

身元保証契約はいつまで有効か?

新入社員が入社するとき、トラブル防止の観点から身元保証人を付けるようにお話ししています。
すでに身元保証人がいる会社の身元保証契約書を見ていると一度契約すると未来永劫に有効だと思っている方が多いですが、期限の定めのない身元保証契約の有効期限は3年、期限を定めても最長で5年までとなっています。

その期限が過ぎた場合は、再度更新する必要がありますので、ご注意ください。

  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 04:23Comments(0)現場生レポート

2010年12月27日

店長は必要か?

ある店舗展開しているサービス業の社長さんと話をしていると、店長制度の見直しというお話がありました。各店舗にマネージメントだけ行う店長を置くとコスト高になってしまうので、数店舗を一人の店長で管理するか、店長も積極的に現場に入って接客しないといけないという話です。店舗と言っても、1店舗数人の会社ですから、そこにマネージメント専門職を置くのは大変なコストがかかると思います。
中小企業は利益率が小さいですから、マネージメント職といってもプレーイングマネージャーではないといけないと思います。ダイヤモンドの2011年予測の特集号を読むと来年も景気は良くないみたいですから、利益に対してシビアな対応が求められると思います。

お店を出店すると、ついつい「店長」を設定したくなりますが、本当にいいのか考えた方がいいと思います。

****セミナーのお知らせ****

助成金は、知識がないと受給できません。その知識をつけていただくためのセミナーを再度開催します。
このセミナーで知識をつけて賢く資金調達してください。このセミナーは無料ですから、受講しないと損です!


テーマは「助成金を受給できる会社になろう」(1/9 八王子)
というもので、助成金を受給できる会社になるには、どうしたらいいか?というお話をさせていただきます。

このセミナーをきっかけに、数社の支援をさせていただき、助成金受給に結びついた会社さんも出ています。
助成金を実際に受給した会社さんの事例も織り込んで話をさせていただきます。

セミナーの後には、個別相談もお受けしますので、お気軽にご参加ください。


詳しくは下記リンク先まで!
http://seminar.dreamgate.gr.jp/seminar_detail/?id=2974


  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 00:02Comments(0)現場生レポート

2010年12月16日

労働条件は早く提示しましょう

先日、起業したばかりの知り合いの会社へお伺いしました。
従業員さんを一人雇い入れたそうで、その方の給与計算に関するご相談でした。その後の雑談で、労働条件未定で雇い入れていることが分かりました。「どうなるか分からない」と社長さんはいいますが、従業員さんから見たら、いつまでも未定では不安で仕方がないと思いますので、すぐに基本となる労働条件を設定しました。
弊所で、雇用契約書を作成し、近日中に契約締結をお願いしました。

極端な言い方をすれば、仕事はしているが、給与はいくら出るか、いつでるか、分からないような会社で働けないと思います。やはり、基本となる労働条件は早めに設定して従業員さんへ通知するようにしましょう。定着率アップに繋がりますし、ノウハウ流出防止にもなり、採用コストのカットとなります。



****セミナーのお知らせ****

助成金は、知識がないと受給できません。その知識をつけていただくためのセミナーを再度開催します。
このセミナーで知識をつけて賢く資金調達してください。このセミナーは無料ですから、受講しないと損です!


テーマは「助成金を受給できる会社になろう」(1/9 八王子)
というもので、助成金を受給できる会社になるには、どうしたらいいか?というお話をさせていただきます。

このセミナーをきっかけに、数社の支援をさせていただき、助成金受給に結びついた会社さんも出ています。
助成金を実際に受給した会社さんの事例も織り込んで話をさせていただきます。

セミナーの後には、個別相談もお受けしますので、お気軽にご参加ください。


詳しくは下記リンク先まで!
http://seminar.dreamgate.gr.jp/seminar_detail/?id=2974   

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 14:41Comments(0)現場生レポート

2010年10月21日

最初が肝心

前回の「傷病手当金」に関連する話ですが、
ある会社へ初めてお伺いすると、社長さんが「現在、休職している従業員の給与を払っているので大変だ」というご相談がありました。傷病手当金の話をすると、それを活用したいということで手続きを進めることにされたそうです。給与を不支給として、傷病手当に切り替えるという話をすると、従業員さんは「そんな話は聞いていない」と激怒されているそうです。
社長さんは、採用時に口頭で欠勤した場合は欠勤控除する旨を話してあるといいますが、従業員さんは「知らない」の一点張りです。

現在は解決に向かって話が進んでいるそうですが、この原因は、雇用契約書を交わしていなかったことです。小規模の企業の場合、口約束で済ませてしまっている場合が多いですが、雇用契約書はきちんと交わしましょう。
口約束も契約は有効とされていますが、揉めた場合、その合意した内容を証明するものが何もありませんので、注意しましょう。




****セミナーのお知らせ****

助成金は、知識がないと受給できません。その知識をつけていただくためのセミナーを再度開催します。
このセミナーで知識をつけて賢く資金調達してください。このセミナーは無料ですから、受講しないと損です!


テーマは「助成金を受給できる会社になろう」
というもので、助成金を受給できる会社になるには、どうしたらいいか?というお話をさせていただきます。

このセミナーをきっかけに、数社の支援をさせていただき、助成金受給に結びついた会社さんも出ています。
助成金を実際に受給した会社さんの事例も織り込んで話をさせていただきます。

セミナーの後には、個別相談もお受けしますので、お気軽にご参加ください。


詳しくは下記リンク先まで!
http://seminar.dreamgate.gr.jp/seminar_detail/?id=2530   

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 12:53Comments(0)現場生レポート

2010年10月17日

傷病手当金

東京都昭島市の社会保険労務士金子事務所です。

「従業員が入院した!」
というご連絡いただき、お話しをお伺いすると、まずは会社の労務管理体制で、次は従業員さんの待遇に関する話があります。

社長としては、「従業員に何かできないか?」という気持ちになるのは当然ですね。
実は、これまで支払っている健康保険が活用できます。入院し、働けなくなった従業員が無給となったとき、申請をして、認められると給付金が受けられます。これが傷病手当金というもので、申告した給与の3分の2が給付されます。これを知らない会社さんでは、給与を払ってしまうケースを見たことがありますが、毎月払ってい社会保険料をフルに活用しましょう。


最近、育児休業者が出た会社さんに、給付金の通知書をお渡しすると、
「色々とあるんだね」
と、感心されていました。社会保険にきちんと加入していると、色々と給付がかりますし、会社にとっては助成金があります。もし、会社がきちんと社会保険に加入していないと、会社が肩代わりしないといけない案件もあり、経営リスクが高まりますので、注意しましょう。



****セミナーのお知らせ****

助成金は、知識がないと受給できません。その知識をつけていただくためのセミナーを再度開催します。
このセミナーで知識をつけて賢く資金調達してください。このセミナーは無料ですから、受講しないと損です!


テーマは「助成金を受給できる会社になろう」
というもので、助成金を受給できる会社になるには、どうしたらいいか?というお話をさせていただきます。

このセミナーをきっかけに、数社の支援をさせていただき、助成金受給に結びついた会社さんも出ています。
助成金を実際に受給した会社さんの事例も織り込んで話をさせていただきます。

セミナーの後には、個別相談もお受けしますので、お気軽にご参加ください。


詳しくは下記リンク先まで!
http://seminar.dreamgate.gr.jp/seminar_detail/?id=2530  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 00:36Comments(0)現場生レポート

2010年09月30日

創業のご挨拶をいただきました

今年の初めに開催しましたセミナーを受講した方から創業のご挨拶と助成金のご相談をいただきました。
多くの方に参考になるセミナーができてうれしい限りです。

助成金は、知識がないと受給できません。その知識をつけていただくためのセミナーを再度開催します。
このセミナーで知識をつけて賢く資金調達してください。このセミナーは無料ですから、受講しないと損です!


テーマは「助成金を受給できる会社になろう」
というもので、助成金を受給できる会社になるには、どうしたらいいか?というお話をさせていただきます。

このセミナーをきっかけに、数社の支援をさせていただき、助成金受給に結びついた会社さんも出ています。
助成金を実際に受給した会社さんの事例も織り込んで話をさせていただきます。

セミナーの後には、個別相談もお受けしますので、お気軽にご参加ください。


詳しくは下記リンク先まで!
http://seminar.dreamgate.gr.jp/seminar_detail/?id=2530

  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 08:10Comments(0)現場生レポート

2010年09月08日

言いだしっぺなので気になる

私がよく行く居酒屋で東中神駅北側にある利場亭ですが、先日、マスターが参加している草野球チームが地区大会で優勝したそうで、そのことを自身のブログに書いていました。私が、そこに「優勝セールは?」とコメント書いたところ、本当に、ブログ読者限定ですが、優勝セールを開催することになり、言いだしっぺなので、早速、取材に行ってきました。


これが優勝セールの商品だそうです。ビール一杯と秘密のオツマミですface02

マスターは「お客さんがたくさん来るかな?」と期待していましたので、もしよかったら行ってあげてください。

ブログ読者限定のイベントですからブログを読んでからいってください。
↓記事
http://ameblo.jp/libertymaster/entry-10641754444.html

東京都昭島市・社会保険労務士金子事務所でした。  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 11:41Comments(0)現場生レポート

2010年07月09日

八王子市の緊急雇用安定事業

おはようございます。東京都昭島市の社会保険労務士(社労士)金子事務所です。

今年度も八王子市の緊急雇用安定事業のアドバイザーを担当していますが、八王子市で制度を見直していました。
制度が正式に決定したようで、通知がきました。今年度は、中小企業緊急雇用安定助成金については教育訓練までサポートし、八王子市がアドバイザーに声を掛けて教育訓練プログラムも作成することになりました。
昨年度、八王子市の支援を受けた企業には通知されるそうです。この制度は、初めて八王子市の支援を受ける企業も利用できますので、八王子市の産業政策課まで連絡してください。

  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 16:08Comments(0)現場生レポート

2010年06月20日

社労士の繁忙期

東京都昭島市の社会保険労務士金子事務所です。

このブログは、検索キーワードを見ることができ、それを見ていると、社労士の繁忙期を知りたい方が多いようですので、再度、記載します。

主力商品の設定によって異なりますが、繁忙期は、今の社労士さんが多いと思います。
理由は、7月10日は労働保険と社会保険の申告締め切りのためです。

労働保険は、前年度に支払った給与総額と今年度の見込み給与総額を申告し、それに伴う労働保険料を算出し、納付しないといけません。
社会保険料は、4月、5月、6月の給与を申告することで、9月分以降の社会保険料が決定します。

労働保険料は、管轄労働基準監督署へ申告し、社会保険は管轄年金事務所に申告します。

社長になると、社長業務で処理しているところが多いですから注意しましょう。
「今まで自分で申告していた」
とおっしゃる会社さんの資料を見ていると間違って申告している会社さんが多く、修正することもあります。

不慣れな業務に時間を割いて、間違って修正を行うくらいならば、社労士にアウトソーシングした方がいいと思います。

弊所は労働保険の申告はほぼ終了し、社会保険の申告の準備をしています。

  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 15:48Comments(0)現場生レポート

2010年06月12日

障害年金の注意点

先日、障害年金のご相談をお受けしました。

言語障害で障害年金を請求する予定ということで、ご自分で準備したという書類を見せていただくと、医師が作成した診断書が、言語障害のものではなく、精神障害のものでした。障害年金を請求するときには医師の診断書と合わせて、ご自分で病状を記載した申立書も提出しますので、診断書と申立書の不一致が起きていて、とても審査に耐えられるものではありませんでした。

障害年金は診断書と申立書は大変重要な書類ですから、きちんと作戦を練って書類を作成しないといけません。さらに役所や医師との綿密な打合せが不可欠ですから、時間を掛けて打合せをしましょう。

もし、できない場合は障害年金に対応している社労士に相談してみましょう。

  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 11:41Comments(0)現場生レポート

2010年05月28日

行列のできる飲食店は魅力的

ある飲食店は、奥深い構造で入店すると一番奥に通されます。そうすると奥は混んでいても通りから見える部分はガラガラに見え、目の前にある同業の店舗の方が混んでいるように見えます。混んでいる飲食店と空いている飲食店、どちらを選ぶでしょうか?私は、急いでいる方、混雑が嫌いな方など以外は、混んでいる方を選ぶと思います。

昭島のあるラーメン屋さんは、店内に10席あったのを狭いから9席にするなど、行列ができる工夫をしていました。そのお陰で、なかなか食べられないラーメン屋として、いつも行列がありました。
オーナーが替わり、内装工事を行い、座席数を増やすなど、お客様に合わせたサービスを始めました。その結果、行列は短くなり、すぐに食べられるようになりました。しばらくすると行列がなくなってしまい、空席もできるようになってしまいました。ついには味が落ちたという噂も出るようになってしまいました。
私は、味よりも行列を無くしてしまったのが原因ではないかと思っています。前は、行列が短いと「チャンスだから食べよう」と食べていましたが、今では、「いつでも食べられる」と思っていますから、全く食べに行こうと思わなくなってしまいました。
混んでいる飲食店には人を惹きつける魅力があると思います。

  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 17:17Comments(0)現場生レポート

2010年05月24日

開業前に法律はチェックしましょう

東京都昭島市の社会保険労務士金子事務所です。

アクセスログをチェックしていると、知らないうちにある社労士検索サイトに名前が入っていました。そのページにランダムに並んでいる他の同業者を見ると、「当事務所は、労使トラブルが発生したとき、仲裁に入って解決を図る業界でも珍しい社労士事務所です」ということを謳っている方がいました。
確かに、こういうことを宣伝文句にする社労士さんは大変少ないのです。なぜ、珍しいかというと、
弁護士法に、原則として弁護士以外が業務として仲裁を行ってはいけない
と書いてあるからです。
この方は、自分が法律違反していることを堂々と記載していることになります。

起業相談をお受けしていると
「誰もやっていないビジネスなんです」
「画期的なビジネスなんです」
ということを意気込んでいる方がいますが、調べてみると法律に違反しているビジネスであることがあります。決して少ない話ではありませんので、「誰もやっていない」とか「画期的だ」と思ったら法律を調査してみましょう。
開業して訴えられたり、告発されたりしたら意味がないですよね。

  

Posted by 社会保険労務士金子事務所 at 19:22Comments(0)現場生レポート